雨の日のオークリーブス

ご利用者は春休みに入り、長い時間オークリーブスにいることが増えました。

そんな中、やっぱり天気がイマイチな日もあります。

時間が沢山あるなか、外に行けないのはやはり残念な様子です。

それでも自分たちで考えた遊びに気づいたら夢中になってました。

ご利用者同士で遊ぶ楽しさも見つけて、オークリーブスで過ごす1日が充実していたら嬉しいです。

地域の支え合い

岡地区社協の方が来所され、のぼり旗を設置してくださいました。

地域の一部として、まずは地域という単位から、地域で当たり前に支え合える環境になればいいなと思いました。

始めました!! 音楽活動♬

 楽器が揃って、音楽活動がスタートしました。
キーボードがプレイルームにあるのを見つけると、始めは落ち着いていたご利用児も、まだかまだかとソワソワ…「始めるよ。おもちゃ片づけるよ。」の声掛けに、一斉に集まる利用児たち。次のやる事がわかっているね。すぐに楽器の周りに集まってきました。手遊び、季節の歌、みんなも知っている歌で表現活動にも発展しました。中には、苦手な利用児さんもいます。集団で行うことを、苦手とする利用児さんもいます。そういった利用児に配慮をしつつ、音楽活動が終わっても、楽器を出しておいてみたら、輪に入れなかった利用児さんも、楽器に興味を示し、触れることができます。これから、少しずつ音楽に慣れてきてくれたら、嬉しいな。と思いつつ、第一回目の音楽活動は終わりました。


 

 

避難訓練!?

今日は、避難訓練もかねて、避難経路をみんなで散歩に行きました。

一人ひとりに避難経路のマップを渡し、少し雰囲気を出しながら、散歩にでかけました。

道中は災害があったらどこに逃げるのか、どうするのか、など雑談程度に話しながら、遊び感覚で行きました。

いざ、避難。

あまり緊張感はありませんでしたが、実際に避難経路を子どもたちと歩くことで見えてきた、リスクや考え直さなくてはいけないことがありました。

安心安全に過ごすために少しでもリスクを減らせるように、職員一同で考えていきたいと思います。

避難場所の岡小前ですが、海抜低いです。。

自立課題を作成しました。

オークリーブスでは日々、自立課題を作成しています。

今回はこちら

おままごとで使う野菜などをマッチングさせるものです。

ケースの底には見本の写真を貼ってます。

写真を見ながらマッチングし、ケースを全て埋めることで完成です。

また、空いているところを埋めることで達成感を得ることが出来ます。

今後はご利用者に取り組んでいただき、一人ひとりの理解に合った自立課題を提供していきます。

鬼は外!!!福は内!!!

 今年は、2月2日ってどこかおかしな節分当日。

1月の中旬に、自主的に鬼のお面を作るご利用児もいた位、鬼に興味があって…(鬼滅の刃ブームだからか?)そんな姿を見たら、節分をやらないわけにはいきません。このご時世ですので、どうしたものか、職員も話し合いましたが、簡単だけどやってみよう。となり、オークリーブスでも、豆まきならぬ、的あてをやりました。

 子どもたちには、紙コップに絵や模様、数字を書いたりしてもらい、いざ本番!!!豆まきの時に、何て言うかな?と突然質問!!!

「鬼は〇!福は〇!」子どもの反応を見るつもりが…もう玉を見れば、ソワソワしますよね。落ち着かなくなりますよね。でも、さすがです!オークリーブスのお兄さんであるKさん。「鬼は外!福は内!」と言ってくれて、それを聞いた他のご利用児たちも、続けて「鬼は外!福は内!」と続いてくれて、「みんなも言って玉を投げてね。」と職員が言うと、すぐに玉は投げられるという。「よーい!スタート!!!」が言いたかった職員。当然カメラを構えておらず、一投目のベストショットは、撮れるはずもなく終わってしまいました。皆さんには、全部倒そうとするご利用児のショットをお届けします。

これがまた、夢中で掛け声を忘れ無言なご利用児たち。必死さが伝わります。そんな姿を見たら、来年の節分は、早くコロナが収束して、もっともっと喜ぶものにしてあげたいと、来年のことを考えてしまう職員。きっと鬼が笑っていますね。

サポカレ②

職員研修しょくいんけんしゅう一環いっかんとして、サポーターズカレッジの動画どうがました。

今回私こんかいわたしたのは、「しょうがいしゃとの関係構築かんけいこうちく」です。

利用者りようしゃや保護者と接する際の言葉遣いの重要さを学びました。

保護者ほごしゃとのやりりは毎日行まいにちおこなうものです。しかし言葉遣ことばづかいが友人ゆうじんはなすような口調くちょうだと施設しせつのイメージも変わってしまいます。

また、ご利用者りようしゃとは対等たいとう関係かんけいであることをあらわすためにも、日常的にちじょうてきなあいさつ、おれい言葉ことばなどとても大切です。

利用者りようしゃ保護者ほごしゃとの関係構築かんけいこうちくをしっかりするためには、日々表情やこえのトーンにもける必要ひつようがあります。

おに作り(づくり)

がつ行事ぎょうじといえば「節分せつぶん」があります。

どもたちにとっては、とてもたのしみなまめまきのです。

もしかしたら恵方巻えほうまきべるという印象いんしょうのほうがつよいおさんもいるのかな?

  

今年ことし節分せつぶん2月2日にがつふつか節分せつぶん2月2日にがつふつかになるのは、1897年以来ねんいらい124ねんぶりだそうです。

わたしのように物心ものごころついたときから節分せつぶん2月3日にがつみっかだった人間にんげんにはへんかんじがしますが、どもたちにとっては、はやくからそういう体験たいけんとなり、かったのかもしれないですね。

  

   

今日きょうはひとあしはやく、おにのかぶりものをつくりました。

1.新聞紙しんぶんしって、あたまかたちにする。

2.ビニールテープをいて、かみつくる。

3.厚紙あつがみいろり、つのをつくる。

という三つみっつ工程こうてい

ビニールテープの工程こうていはとてもたのしそう。



かわいい黄色きいろおにさんに変身へんしん

なが作業さぎょうになりましたが、とても頑張がんばりました。

Kさんのスケジュール

オークリーブスでは個々ここのご利用者りようしゃのニーズにおうじて、見通みとおしをちやすくするために予定よてい提示ていじをしています。

予定よてい形態けいたい使用しようしている予定カードは個々ここ理解りかいわせて作成さくせいしています。

この予定よてい使用しようしているのはKさんです。Kさんは文字もじ数字すうじむことができ、れている活動かつどうについては、文字と行動こうどう意味いみ理解りかいして活動できるため、提示ていじしている予定も文字(活動の種類しゅるい)や数字(順番じゅんばん)で提示ていじしています。

予定カードについては、写真えしゃしんがついていたほうかりやすくイメージしやすい活動に関しては、「絵 or 写真+文字」で提示しています。

予定のうえにある「☆マーク」についてですが「トランジションカード」というもので、予定の確認かくにんうながときにご本人ほんにんわたし、予定の確認をしてもらっています。

今後こんごはご本人に活動を選択せんたくしてもらったり、予定の変更へんこうについても、ご本人の様子ようすをみながらんでいきます。

自立課題(じりつかだい)について

自立課題じりつかだいには様々さまざま種類しゅるい意味いみがあります。

マッチングや分類ぶんるいなどでは認知・言語的にんち・げんごてきスキルを学習がくしゅうするうえでの基礎きそスキルがきます。

もの属性ぞくせい言葉ことば対応関係たいおうかんけいを学習するような課題かだいでは、意味の理解りかいうまがします。

物をれたり、てたり、分解ぶんかいしたりするスキルは、微細運動びさいうんどう手先てさき器用きようさや協応きょうおう)の発達はったつうながします。

自分じぶん課題かだい完成かんせいしてえる能力のうりょくは、家庭かてい学校がっこう職場しょくばなど様々さまざま場面ばめんで、将来しょうらいにわたり必要ひつようなスキルです。

「できた」という達成感たっせいかん成功体験せいこうたいけんすこしずつかさねることで、自信じしんにもつながるとかんがえられています。

オークリーブスを利用されているご利用者りようしゃわせて課題かだい作成さくせいし、提供ていきょうし、無理むりなく、いやにならないように、達成感たっせいかん成功体験せいこうたいけんられるように、んでいただいています。