動画研修②

今日は職員研修の一環として、障がいの動画を観ました。

今回観たのは、「場面緘黙に悩む若者たちの告白」というテーマの動画です。

場面緘黙という言葉は聞いたことがあっても、実際にそのような人との接点は今までなかったんので、どのような病気かはっきり知りませんでした。今回動画を観てその症状の深刻さがよくわかりました。

この病気の大変なところは自宅では普通にしゃべれるということです。それゆえ、家族が気づくまでに時間がかかってしまうということです。

また家族が場面緘黙という言葉をしらないこともありますが、最近では音声アプリを使ってコミュニケーションをとる人もいるそうです。テクノロジーの発展がそのような人々の助けになればいいと思いました。

また、オークリーブスでも発語のないご利用児もいるので、そのご利用児とのコミュニケーションの際、この動画で得た知識を活かして支援していきます。

動画研修①

動画研修の一環として、障がいの動画を観ました。

今回私が観たのは、「‘‘グレーゾーン‘‘当事者が抱える生きづらさとは?」というテーマの動画です。グレーゾーンとは「発達障害の傾向はあるが、発達障害であると確定診断を下すことができない状態」のことを指します。その特性を例として挙げるならば相手に不快感を与えても気づきずらい/友人をつくりにくい/友人と疎遠になりやすい、雑談についていけないなどが挙げられます。

動画内では、グレーゾーンの人たちの悩みに触れ、その深刻さに驚きました。

発達障害と診断されたわけではないので、健常者と同じ仕事をし、仕事でミスをしても上司などにはっきり理由を説明できないジレンマがあると動画内で語られていました。

私たちが思っている以上にグレーゾーンの人は世の中にたくさんいると思うので、そのような人たちにも支援が行き届く世の中になってほしいと思いました。

オークリーブスにも様々な障害を持った利用児がいますが、一人一人生きづらさはそれぞれだと思います。私たちはそれらに寄り添いながら支援できるよう、努力していきます。

天の川をつくろう!!

七月の七夕さんに向けて、壁面の制作活動を始めました。

黒の画用紙に、色とりどりのお星さまの折り紙を貼っていきます。

真ん中などにランダムに貼るのかなと職員は思っていましたが、

隅から丁寧に優しくゆっくりと一列に貼り始めました。

貼りながら、きらきら星や七夕さまを職員と一緒に歌いながら楽しんで取り組めました。

図書館に行きました

 普段から学校の図書館で工作の本を借りてきては、「これどうやって作るの?」と職員に聞き、職員と一緒に本を見ながら材料を揃えたり、足りない材料があれば自宅から持ってきたり、職員と一緒に作ったり、一人でできる所は一人で作ったりと個別の制作活動として取り組んでいます。

 制作は以前から好きですが、以前よりもさらに制作にはまっているTさん。毎日お迎えの時から職員と「今日何作る?」と楽しそうに話しながら、オークリーブスまで歩いています。ただ、最近学校の図書館の工作の本は大体借りてしまったそうで、少し飽きてしまっている様子がありました。「違う図書館行く?」と聞くと、Tさんはまだ地域の図書館に行ったことがないらしく、Tさんの経験の幅を広げる、地域資源の活用という意味でも有意義な活動と考え地域の図書館に行くことにしました。

 図書館でのルール(大きな声を出さない、出した本は元の場所に片づける、マスクや消毒の徹底など)を事前に伝え、当日もルールを守っていました。ルールを守れていたことも職員としては嬉しいのですが、何よりTさんが興味津々な様子で、楽しそうにしていることが嬉しかったです。

 地域の図書館には工作の本がたくさんあり、Tさんは何にするか悩んでいましたが、悩みながらも自分で選び、借りることができました。

 たまに「ずっと同じことをしていていいんですか?」などと聞かれることがあります。

今回は制作でしたが、毎日のように同じように取り組んでいる活動でも、今回のように活動や経験の幅は広がっていきます。個々の興味関心のある活動に継続して取り組んでいると、日々見ていないと気付かないようなことですが、児童にとって良いことも沢山あるようです。「毎日同じような事をしている」という目線ではなく、一緒に取り組んだり、楽しんだり、気長に見守り、タイミングをみて、次に繋がるように支援していくのも大切な療育の一環だと思います。

家事活動にチャレンジ

Sさんの学校の連絡帳を見せてもらうと、「下駄箱掃除を楽しそうに頑張っていました」ということが書かれていました。オークリーブスでもたまに職員と一緒に机拭きや片付けなどは取り組んでいましたが、掃き掃除などには取り組んでいませんでした。

Sさんはお手伝いをすることが好きです。お手伝いになることをしたいという気持ちも強いです。ということで、オークリーブスの前の掃き掃除とガラス拭きをしてみようということになり、Sさんと職員で取り組んでみました。

ご本人に伝える時は、絵カードなどで伝えるよりも、今から行う活動に使う物(今回は箒、雑巾)の実物提示で伝える方が特性上伝わりやすいので、促す時は実物提示で行っています。

活動に取り組むまではスムーズに取り組めていましたが、力加減や道具の使い方がうまくいかず、少しイラっとしたり、途中遊びになってしまうこともありました。ただ、Sさんのやりたい気持ちが強いので、Sさんにとって使いやすい道具の工夫、内容や支援方法を考えながら継続して取り組んでいこうと思います。

工作が大好きなご利用児

オークリーブスには制作が大好きなご利用児がいます。

どのくらい好きかというと、毎日工作で作品をつくるほど好きです。

そんなTさんの作品を今回一つだけ紹介させていただきます。

笑顔が素敵なロボットですね。

また新しい作品を作っている最中なので、職員一同楽しみにしています。

昔を思い出しながら工作をしました!

あまり日数は多くないですが、土曜が開所日になる時はご利用児を朝から預かります。

もちろんその分、遊ぶ時間もたくさんあるわけですが・・・

何をして遊ぶかは職員の手腕が問われます。

そこで今回は昔、自分たちも作ったゴム鉄砲に挑戦してみることにしました。

材料も輪ゴムと割りばしだけで作れるのでおススメです。

ご利用児に教えつつ、的を作っていたら、昔を思い出して懐かしくなってしまいました。

完成後も楽しく遊ぶことができ、満足のいく土曜日でした。

しりとりカードでひらがなを覚えよう!

オークリーブスには市販のおもちゃ以外にもネットで見つけた知育のカードなどがあります。そのうちの一つがしりとりカードです。

絵と名前が書かれたカードを順番に並べてしりとりをしていく遊びを行うことが出来ます。

このように学びと遊びを両立することで、楽しみながら知識をつけていくことができます。学校でわからなかったことがわかったり、新しいことが発見できたり職員も一緒に遊びながら、ご利用児の新たな知識の発見に驚かされます。

ここでの経験が他の場所でも活かされれば、職員としても嬉しい限りです。

もう少しリアルタイムで見たい

オークリーブスの室内には活動などで使う予定提示用にホワイトボードが置かれています。 ふとホワイトボードに目をやると ↓↓↓

                  ↓↓↓

いつの間にか描かれていました。描いたのはオークリーブスのご利用児Iさんだと思われます。

静岡ではリアルタイムでここの番組は見られないので静岡に引っ越してきた当初、私は少し寂しく感じていました。 ど真ん中に描いてあるので、いつかは消すことになると思いますが、なんか味のある作品?落書き?でした。

初めての挑戦!!

 もう、何でこんなに早く過ぎてしまうのだろうと思うほど、毎日があっという間に過ぎてしまいます。5月入ったばかりよね?ゴールデンウイーク終わったばかりだよね?と、つい先日かのように話をしてしまいます。改めて、時間は待ってくれないということを実感している今日この頃…ご利用児の環境の変化に、落ち着かない様子が見られた4月。段々、心も落ち着き、笑顔が見られる楽しい毎日。制作活動は、6月をイメージして開始しました。Kさんは、手先がとても器用で、絵も上手です。そんなKさんは、紫陽花の花は折り紙で折って作り、葉は描き、色を塗るという活動を始めました。今日は、その1日目、折り紙を折っている姿です。職員が事前に、折り方(実物)を紙に貼り、それを見て折っているところです。困ると、職員の名前を呼び、「見てください」と伝えてくれます。数を決めて今日の分は終わりました。今年は、梅雨入りが早いかもしれませんが、6月初旬をめどに完成出来るよう支援していき、できたを増やして喜びの共感をしたいです。